「雑誌と私」Vol.223






皆様こんにちは杉本です。
二学期6回目のレッスンです。
今回はコーディロイの太身ストレートパンツです。  

一学期のブログのこの秋気になる素材の中でも紹介したコーディロイのパンツが届きました。間もなく皆さまにお届けするDMにもこの秋の注目テーマの一つとして取り上げています。

吉田さんにこのパンツを使ったコーディネイトを相談したところ、
コーディロイはローファーなどのきちんと感のある靴も合うけど、杉本さんらしくカジュアルに仕上げるのであれば、白のスリッポンを合わせてみてはどう?と言われ、そのようにしてみました。
次の写真がコーディネイト例になります。

まずは本日(10月21日)の気温22℃を参考にしたコーディネートです。
コーデュロイは吉田さんによると、
とても暖かみのあるスウェードに似た雰囲気をもっているとのことです。
ですから、暖かいウールのセーターや、レザー素材とは非常に相性が良いとの事です。
でもコットンで出来ているので、「薄いコットン素材のTシャツともコーディネート出来てしまうのですよ。」とのことです。
ということで、白いTシャツと白いスニーカーを合わせてみました。
なんと私らしいのでしょうかと感動しました。
右の写真はロックスタイルで使ったレザーブルゾンを合わせたものです。
このスタイリングも素敵ですね。

少し肌寒くなってきたことを想定して、
白いTシャツの上からヘンリーネックのカットソーを合わせて見ました。
これもコットンなので、コットン素材の重ね着になります。
吉田さんがお話されていたように、
トップスの暖かみに呼応するかのようにコーディロイの暖かみが前面に出てきました。
この上からレザーブルゾンを合わせ、深まる秋のコーディネートが完成しました。

イタリアでは、コーデュロイのボトムにGジャンを合わせたり、サファリジャケットを合わせたりするコーディネートも良く見掛けるそうです。
私も是非チャレンジしてみたいです。
ジーンズで、何だか平凡なスタイリングになりがちな時、ジーンズの代わりにコーデュロイを取り入れてみては如何でしょうか。
同じようにコーディネートが出来、でも印象がぐっと変わってきます。
コーデュロイのパンツとっても気に入りました。
杉本でした。




[`evernote` not found]

カテゴリー: 「雑誌と私」 パーマリンク