「雑誌と私」VOI.239





こんにちは。吉田孔美です。今回はDMでご紹介できなかった新作のスウェードブルゾンが入荷しましたので、ご紹介致します。秋冬に「絶対にワードロープに加えたいライダースブルゾン。 このクオリティなのにこの価格で! 」というテーマで ナッパ 素材のものを作りました。そして、とてもご好評を頂き有難うございました。この春夏は、その第二弾でスエード素材のハンティングブルゾンです。
今回もマジョーレのレザーアイテムを20年以上作り続ける工場(イタリアやフランスの名だたるメゾンのアイテムを作っているトップクラスの工場です。)のオーナにお願いして、秋冬と同じテーマでスエードブルゾンを作りました。3月18日から20日に店頭に並ぶ予定ですので、是非ご覧いただけましたら、とても嬉しいです。
それではDMに載っているアイテムとコーディネートしてみます。




1、街中で乗馬スタイル

シフォンのブラウスにジョッパーズを合わせ、乗馬ブーツを合わせれば完璧な乗馬スタイルです。そしてその上からスエードブルゾンを羽織れば田園風景が広がる乗馬クラブがイメージできます。街中ではこの乗馬クラブをイメージしながら、春らしく素足にローファーを合わせます。トレンドに乗馬スタイルが、INした今、真っ先に取り入れたいスタイリングです。



2、エプロンスカートを合わせて田園スタイル

シフォンのブラウスはそのままジョッパーズをエプロンスカートに変え、カントリーなイメージを作ります。その上からスウェードブルゾンを羽織り、まるでぶどう畑を散歩するかのようなスタイリングをつくります。



3、シフォンのワンピースを合わせ60’sスタイル

後方部にプリーツをあしらった60’s年代ライクなワンピースにスウェードブルゾンを合わせます。(写真左)エレガントなワンピースにスポーティーな雰囲気を加え、田園風景の中で午後のカフェをゆっくり楽しむ様な雰囲気を作ります。
少しシャープ感が欲しい時は、秋冬に展開したナッパのライダーズを合わせてみては如何でしょうか。(写真右) スウェードとナッパでカントリーとタウンといったイメージが簡単に区分けできます。


4、ボントンワンピースでカントリースタイル

女の子が着るようなとても甘い雰囲気のワンピースにもこのスウェードブルゾンは馴染みます。3番のコーディネートとはうって変わり、ブリティッシュなカントリースタイルを作ります。



このスウェードブルゾンは写真のロイヤルブルーとこげ茶の2色展開です。

私たちの製品を作っているイタリアのいくつかの工場から、
日本の皆様が、私たちが作ったものを美しく着て頂いていることがとても励みになります。とメッセージが届きました。
私からも厚く御礼申し上げます。

吉田孔美