「雑誌と私」Vol.154

 
 
冬を感じ始めたイタリアから東京に戻り、程よく暖かい秋終盤の余韻を楽しんでいたが、
ここにきて東京にも突然寒さが舞い降りた。
お客様からも冬アイテムのご質問を多く頂いている。
取り急ぎ、冬対応アイテムのページを作ってみた。
 
 
 
——– 
 
冬アイテムのテーマは スキー 。
ニット、ボトム、アウターとも冬の雪山を楽しむ女性をイメージしながら展開されていく。  
 

(1) 60’Sニット
P1660740P1660754 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
袖に編み柄が施されたスキーニットは、60年代、良く取り入れられたモチーフ。
ロイヤルブルーのボデイにイエローの編み柄だったり、赤いボディに白の編み柄だったり、派手目な彩色も特徴。
このイメージをマジョーレらしく同色の落ち着いた色で仕上げた。
写真では分かりづらいが、着た時の印象はかなりインパクトがある。
このすっきりした、でも密度の濃いスポーティなイメージにロングのムートンを下の写真のようにさらっと羽織り、
夜のアペリティーボを楽しみに出かけたい。
 
 

(2) 60’Sニット×ロングムートン
7
 
 
 
 
ムートンの展開色はダークネイビー、黒、キャメルの3色。 
(日本でのお直しが非常に難しいので、全て採寸しての
セミオーダー仕様となっています。) 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(3)トレーナーニット 
P1670339P1660826
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
襟元に汗止めがついた、まるでジャージートレーナーのようなニットを作った。
ニット担当のリンダは、一着作るのに編み作業、カット作業、縫い作業を含めてあまりにも時間がかかるアイテムになる
と商品化する事に反対だったが、見た目があまりにも可愛いので私が強引にOKを出してしまったアイテム。
クオリティの尺度として密度という言葉を良く使うが、これほどスポーティなのにこんなにもクオリテイの高い商品が
出来上がり、マジョーレらしさという点でも、大満足している。
 
左写真のパンツはウール系素材を後染めし、ふんわりと柔らかいシルエットをイメージしたもの。
イタリアらしい斬新な素材だからこそチャレンジできたアイテム。
これ1本で80年代に近い、パンツイメージが簡単に作ることが出来る。

 
 
(4)ユニフォーム
P1670481P1660846
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左写真は、ムートンのアヴィエイターブルゾン。右写真は、ダウンの入ったボンバーブルゾン。
80年代のイメージを簡単に作ることが出来るショートブルゾンをこの冬は、ぜひ取り入れたい。
特にこのトレーナーニットとの相性は抜群で、この2ペアさえあれば私の大好きなあの映画の主人公になりきれる。 
 
 

(5)千鳥柄ニット
P1670024P1670111
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
千鳥柄をベースボデイと同色のモヘアで編み込んだニットは、近くで見ると柄が浮き出る
とても冬スキーのイメージを表現できたニット。 
縄編み柄が施されたニットが良く出ているようだが、私達は千鳥柄でブリティッシュなテイストを表現してみた。
 
 
  
(6)ミデイアムコート
P1670068P1670188
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左は、マジョーレオリジナルコート。
フェルトをイメージさせる圧縮ウールの感じが、優しい暖かさのイメージを作る。
薄い中綿が入っているので、軽く機能的で温かさも楽しめる。
着るととても可愛らしい女性になれる大満足なコート。
(素材が柔らかく織られているので、可愛らしい分、毛玉が出来やすいです。
毛玉が苦手な方は、敬遠されたほうがよろしいかと思われます。)
右は、ミドル丈のダウンコート。
 
 
 
(7)ヴィンテージウールパンツ
P1670570.P1670607.

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イタリアにビエラという高級毛織物産地がある。
皆様もご存知の良く知られた名前が産地のブランドとして、作られているエリアでもある。 
この産地の一社からメンズライクなウールを仕入れた。
それを浴槽に傷がついた大きな産業用洗濯機の中で洗いたいと言った時、
ウオッシュ担当のアントネッラが呆れた顔をしたのを覚えている。
「こんな高級な素材にわざわざ傷を付けて、なおかつ縮ませるなんて…。」といった感想であった。
でも出来上がったパンツは、艶を残したまま柔らかくふんわりと仕上がり、スポーティさとクラシックさが混じり合う
とてもマジョーレらしいアイテムとなった。アントネッラも「とても素敵ね。」と言ってくれた。
左写真は、一番上の60’Sニットを合わせたもの。
右写真は、その上からショート丈のフード付きダウンを合わせたもの。
 
 
 
(8)その他のダウンジャケット
P1670042P1660061 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ミドル丈で袖にデザインが入ったダウンジャケットを、黒とミリタリーグリーンで展開。
 
 
 
 
——

 
もう1アイテム、日本にまだ届いていない(只今、上空)縦糸と横糸の縮じみ率の違いを楽しんだ
ちりめんライクなパンツをご紹介したかったが、出来ないのがとても残念。
次回のお楽しみに。 

                                             吉田孔美
                                        
 
※皆様のお手元に、今日ご紹介したアイテムのDMをまもなくお届け出来ると思います。
 アイテムに関しましては、27日から展開していく予定です。
 
 
 
 
 
 


カテゴリー: 「雑誌と私」   パーマリンク

コメントは受け付けていません。