「雑誌と私」Vol.168

 
 
 
昨日イタリアのフォトスタジオで、
2018年秋冬マジョーレコレクションの初秋スタイル
(残暑が残る中で着られるスタイル)の撮影をした。
 
マジョーレらしいコレクションに私も大満足だったが、
初参加したエリザベッタも「とても素敵ね。」と喜んでくれた。

 
  
 
 
———-
 
今日は、この時マーシャとエリザベッタが着ていたスタイルのイメージを2体作ったので掲載します。
 
(1) マーシャスタイル
P1800631
 
 
最近のマーシャは、ショートパンツやショートスカートに
Tシャツを合わせるというスタイルに凝っている。
この時期は当然、こんがりと日焼していて、
とても素敵なイタリア女性と言うイメージは、変わらない。 
パンツやスカートのウエスト位置は高いものを選ばず、
相変わらずローウエストを好んで着用している。
下の写真のように、サラッと羽織れるコットンジャケットも、
いつもバッグに忍ばせている。 
 
 
 
 
 
P1800647
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(3) エリザベッタスタイル
P1800671 
 
 
エリザベッタはこの日、
スムースなクレープ風素材のロングスカートを穿いていた。
トップスには、スリーブなしのカットソーを合わせ、
首元には軽くスカーフをあしらっていた。
彼女はパンツスタイルもとても上手で、
時にスポーティに、そして今回のようにエレガントに、
上手くスタイリングを作っていく。
この秋はマーシャ同様、実写版のエリザベッタも、
このブログ内で紹介できればと思っている。 
 
 
 
 
———- 
 
前回のBlogでもお話したが、何だか私の曇っていた視界が晴れて気分がウキウキしている。
撮影中コレクションを着こなすマーシャを見つめながら、「マジョーレはやっぱりこれよね。」と感じた。
 
                                    吉田孔美
 
 
 

カテゴリー: 「雑誌と私」 パーマリンク