「雑誌と私」Vol.170

 
 


4回に渡り、新しい私達のメンバー、
エリザベッタのコーディネートを
人形で真似しています。
今回は2回目。
モノトーンのコーディネートです。

 
 
——————
 
(1) 白×黒
P1800746
白の少しゆったりとしたTシャツの下に、
少し厚手でタイトな黒のTシャツを合わせ、
袖をその黒の部分が外側に来るように、クルクルと折り返します。
ボトムは夏らしく涼しげなコットンのワイドパンツを
足のスネ辺りまで折り返し、
袖の折り返しとバランスを上手く取ります。
彼女の履いていた白のスニーカーは、
底の薄いフランスがオリジンのブランドだったけど、
表面の柔らかさが全体のバランスと釣り合って、
とても素敵でした。
この人形にはハイカットの白スニーカーを合わせています。 
 
 
 
(2) 白×グレー
P1800757
 
白いブラウスは清涼感のある夏には欠かせないアイテムだけど、
エリザベッタもとても上手に着ていました。
グレーのショートパンツを合わせ、
足元はサンダルで。
袖を折り返したりはせず長いまま、
カフスのボタンを開け、
腰に手を当てたり、頭を抱えたり、腕を動かす度に、
袖口がふわふわと動く感じが、何だかとてもお洒落でした。
 
 
 
 
——————
 
私もブラウスは大好きで、特に洗い立てのブラウスにアイロンをかけている時などは、
幸せな気分でいっぱいになります。
エリザベッタの真似をして、私も袖を伸ばしカフスだけを開けた方法で着ていましたが、
ボトムには、フェルパのパンツやルーズなコットンパンツを合わせていました。
 
                                       吉田孔美 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


カテゴリー: 「雑誌と私」   パーマリンク

コメントは受け付けていません。