「雑誌と私」Vol.174

 
 
 

前回に続きベースライン作りです。
 


 
 
——————
 
(1)緩やかなAラインベース 
P1810834P1810812
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

P1810817
 
 
ベースはブルーTシャツと
同素材のフレアスカートを合わせ(右上写真)、
ふんわり緩やかなAラインを作ります。
その上に、少したっぷり目の着物スリーブの
ジャケット(左上写真)や、
ダブルブレストのマリンジャケット(左写真)を
合わせます。

 
 
 
 
 
 
 
 
(2)タイトスカートを使って縦長ラインベース 
P1810908P1810860
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

P1810942
(1)のブルーTシャツと同じ型の黒Tシャツに、
ポケットに小さなボタンの付いたタイトスカートを合わせ、
少し制服ライクなイメージで縦長ライン(右上写真)を作ります。
(1)で使ったダブルブレストのマリンジャケットを
合わせたり(左上写真)、
黒×ライトベージュの色合わせにとても相性の良い
キャメル色のサファリジャケット(左写真)を
合わせます。 
 
※このタイトスカートのベースに着物スリーブは
ミセスになり過ぎるのであえて避けました。
 
 
 
 
 
(3)フレアのパンツを使って縦長ラインベース
P1810949P1810970
 
 
 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1810984 
(2)のタイトスカートを
Tシャツと同素材の緩やかなフレアパンツに替え、
少しだけゆとりのある縦長ライン(右上写真)を作ります。
(2)で使ったキャメル色のサファリジャケットを合わせて
(左上写真)スポーティなイメージを作ったり、
(1)で使った着物スリーブのジャケットを合わせて(左写真)、
少しモード感のある70年代風イメージを楽しみます。
 
※(1)や(2)で使った黒のダブルブレストのマリンジャケットは
すっきりした縦長ベースの黒をまったりとした黒に
塗りつぶしてしまうので、
このベースの上に合わせることはあえて避けました。 
 
 
 
 
——————
 
次回もベースと羽織り物の関係を続けます。
夏の終わりから秋の始まりにかけ、着まわせるコーディネートだと思います。
 
                                     吉田孔美


カテゴリー: 「雑誌と私」   パーマリンク

コメントは受け付けていません。