「雑誌と私」Vol.175

 
 
 


今回はベース作りの最終回です。 
 


 
 
———————————–
 
(4)タイトな菱型ベース
P1820168P1820160P1820256P1820191 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

Vol.173で取り上げた私の大好きな菱型ベースをもう少しフォローします。
Tシャツはそのままボトムをタイトなテーパードパンツに替え、胸からくるぶしにかけタイトな菱型ベースを作ります。
その上からルーズなボックスタイプのジャケットを合わせたり(左上写真)、サファリジャケットを合わせたり(左下写真)、
襟の詰まったカーディガン(右下写真)などを合わせます。
スポーティなスタイリングが得意な方にはこのベースは特におススメです。
※黒のマリンジャケットは(3)同様、大切なベースのシルエットを見えなくしてしまうので、あえて避けました。 
 
 
 
(5)キュロットやショートパンツを使って長方形ベース
P1820027P1820022
 
 P1820038P1820049
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スポーティでかわいらしいイメージを作りたいときには長方形ベースはとても有効です。
この時気を付けたいのが、羽織物を羽織った時にこの長方形ラインを壊さないこと。
シェイプが入り過ぎたアイテムや前回見た着物スリーブのような台形のイメージがある羽織り物は
全体のバランスを崩しがちになります。
あえて難しいチャレンジはしないでベースの長方形にこだわります。
 
 
——————
 
この秋、マジョーレは、お客様の個性を活かしたベース探しにより重点をおきながら、
「らしさを追及するコーディネイト」を提案できるよう努めて参りたいと思っております。 
 
                                 吉田孔美
 
 

カテゴリー: 「雑誌と私」 パーマリンク