「雑誌と私」Vol.177

 
 
 
 

Over the Trend!!
Why can’t I ?

 
 


——————

(1) 
クレープのブラウスにイージーパンツを合わせました。
胸からくるぶしにかけて、キレイなひし形が出来ています。
このままでもスタイリングは完成しているのですが、
この上にニットを重ねることも出来ます。
長袖ニットは3型準備してありますが、身長に応じてバランスの良いものを選びます。
大澤さんには、(A)の写真のVニットが合っていると思います。
ここまで出来れば様々なアウターがバランス良く着られます。
更に完璧さを求めるのであれば、
興味のあるアウターの色でニットの色を選んでおくと良いでしょう。
例えば、ベージュのナイロンコートに興味がある方にはベージュのニット(A)、
キャメルのサファリジャケットに興味をお持ちの方にはキャメルのニット(B)、
という具合です。
DSC07072-1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(A) 
DSC07087-1DSC07089-1 
  
    
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(B) 
DSC07100-1DSC07118-1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
(2) 
同じクレープのブラウスで、よりインパクトのあるコーディネートを作ってみます。
今シーズンであればボルドーのパンツなどは、雰囲気が合えばとてもインパクトが強く、
60年代ロックのイメージが作れます。
黒×ボルドー×ベージュ、黒×ボルドー×キャメルなど、思ったより色合わせが
しやすいので、是非チャレンジしてみてください。
ボルドーがきつ過ぎると感じる方はブルーや、
ブルーでもきついと感じる方にはインディゴのジーンズといった感じで、
イメージを徐々に柔らかくしていくと良いでしょう。
DSC07122-1DSC07129-1
 
DSC07123-1DSC07127-1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(3) 
ブラウスと同素材のクレープのパンツやキュロットを合わせます。
これだけでスーツになり、とてもエレガントな雰囲気が作れます。
ただ、少年ぽい大澤さんにはどこかカジュアルな雰囲気を入れた方がよく、
足元を白のスリッポンにしました。
このベースが出来たら先ほどと同じように、
この秋着たいなと思えるアウターの色と合わせて、ニットの色を選んでみては如何でしょうか。
この時カーキ色のニットは準備が無いので、カーキ色のサファリジャケットを望む方は、
大澤さんが着ているベージュ色のニットがとても使いやすいと思います。
DSC07139-1DSC07140-1

DSC07143-1DSC07144-1
 
 

 
  
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(4)
(3)で大澤さんがチャレンジしたクレープのブラウスとパンツのスーツを
マーシャもチャレンジしています。
彼女はネイビーの上下に、この秋外せないこげ茶のニットを合わせています。 
その上からこげ茶のマリンパーカを羽織って、
永遠の定番「ごげ茶×ネイビー」をスタイリングに取り入れています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
——————
次回もまだまだ続きます。
                             吉田孔美 
 
 
 
 

カテゴリー: 「雑誌と私」 パーマリンク