「雑誌と私」Vol.191

                                                                                                                                       

ようやく、春物が楽しめるようになってまいりました。
今シーズンは丸の内店スタッフ笠井と村松でコレクションを見ていきたいと思います。

                                     

                                     

2019 Spring Summer Collection


<笠井> マーシャから皆心待ちにしていた画像が届いたね。相変わらず、素敵!
<村松> これは身体に心地よく馴染むアンコンジャケットに、ややゆったりしたテーパードパンツ、今シーズンらしいマユ型のシルエットになるスーツですね。
<笠井 > 落ち感のあるクレープ素材が女性らしいパンツスーツのスタイルにしてくれると思う。そしてシワになりにくい素材だから、長時間着ていても綺麗に保たれて、シルエットも崩れずすばらしい!
<村松> 私もいつかマーシャのように肩の力を抜いた感じでかっこよくスーツを着こなせるようになりたいです。

                                                                                                            

                                                                                                            

2019 Spring Summer Collection

<村松> アイスヤーンと言われるコットン素材のニットジャケットとスカートのセットアップですね。ニット素材の柔らかさがありながらも、ラインはすっきりシャープに見えて、私これ欲しいです。
<笠井> かたくなり過ぎずに程よくきちんと感があるから、お仕事にも友人とのランチにも着ていきたいね。



<笠井> 上のニットスカートにトップスを変えて、ワンピースのようなセットアップのスタイルだね。こんな風にニットスカートをスポーティに着られるマーシャって、ほんと素敵…。
<村松> マーシャのように足元をローファーやスリッポン等でバランスを取ればいいんですね。
<笠井> そうだね、トップスのニットのラインのようなオフホワイトのスニーカーにしても、いいね。

2019 Spring Summer Collection

<村松> 落ち感のあるジョーゼットのブラウスに張りのあるキャンバス素材のパンツを合わせて、緩急のあるシルエットを楽しめるコーディネイトですね。
<笠井> 素材感もテイストも全く違うアイテムなのに、すごくまとまってるよね。フォーマルなシーンでも使えるジョーゼットのブラウスをスニーカーでスポーティに着ていて、さすがマーシャ。


<笠井> 上のベースにコットンのフードジャケットを羽織って、キャンバス地のマリンパンツとドライな質感同士、これもよく合うね。
<村松> このコーディネイトもジョーゼットのブラウスが効いてますね。
<笠井> こんな合わせを今シーズントライしたい!

[`evernote` not found]

カテゴリー: 「雑誌と私」 タグ: パーマリンク