「雑誌と私」Vol.193





引き続き、マーシャから届いたコレクションの写真を見ていきたいと思います。



2019 Spring Summer Collection

<笠井> 春らしい淡いトーンの色合わせ、マーシャの日焼した肌がよく映えるね。
<村松> 難しいと思われがちなベージュですが、私達日本人の肌に合うように色を染めているので、日焼けとは無縁の私にも大丈夫でした。
<笠井> Vネックに沿ったオフホワイトのラインも効いているよね。

<村松> 上のベースにコットンのサファリジャケットを合わせていますね。中の色を揃えてコントラストを効かせた羽織をもってくると、淡色なのに縦長ですっきり見えます。
<笠井> このマスタード色って、ダークトーンにも馴染んで使いやすいよね。
<村松> たしかに、黒や焦げ茶と合わせてもいいですね。

<村松> 同じチョーク色で染められた長袖カットソーを合わせて、上品な大人っぽいスポーティスタイルですね。そして、本当にこのカットソー着心地がいい。
<笠井> 私もこれセットアップで欲しい!
<村松> トップスとボトムスの色を揃えて持っていると、あれこれコーディネイトを悩まなくて便利ですよね。

<村松> この色合わせ、すごく洗練されてて素敵です。
<笠井> チョーク色もアウターのマスタード色も大人っぽくて、他ではなかなかない色だよね。








2019 Spring Summer Collection

<笠井> 今シーズンのVネックニットは、ネックのラインに沿ってマスタードとチョーク色が施されてるんだね。シンプルだけど、一枚で華やかになる。
<村松> ラインの色とボトムの色をリンクさせて着るとまとまりよく見えますね。

<村松> コットンナイロンの素材でできたショートブルゾン。本当にバランス良く、マユ型が作られるコーディネイトですね。
<笠井> 今年らしいボリューム感をこんな風にうまく取り入れたいね。







2019 Spring Summer Collection

<笠井> 少し着丈の長いダンガリーシャツをスポーティなパンツに合わせるのも、マーシャらしいコーディネートだね。
<村松> カジュアルなアイテムを大人っぽく綺麗に着ていますよね。
<笠井> 袖やパンツのきちんと合わせた長さと、サイズ感がポイントだね。

<村松> これから入荷予定のフェルパ素材できたノーカラーブルゾンを合わせていますね。
<笠井> このアイテムもまたたっぷりとしたシルエットだね。
<村松> 同型のカーキ色のコットン素材で、すでに展開していたものと、素材が変わると随分印象が違いますね。

<笠井> 先ほどのショート丈も可愛いけど、たっぷりしたロング丈もすごい可愛い! 
<村松> 笠井さんが冬に着ていたムートンフードのコートと似たラインですね。
<笠井> 少し張り感のある素材だから、たっぷりとしたAラインのシルエットが出て、これ一枚で今シーズンっぽくなる。

<村松> この緩やかに裾に広がるラインもまた今シーズンらしいですよね。
<笠井> 先ほどのコーディネイトもそうだけど、ボリューム感も程よくていいよね。
<村松> シンプルなアイテムこそシルエットとボリューム感をアップデートしていきたいですよね。

<笠井> コントラストがつくアウターの色を合わせるとボリューム感がわかりやすく出るね。
<村松> やはり全体のバランスってすごく大事ですよね。
<笠井> 身長も骨格もそれぞれだから、いいバランスを見つけだしたいよね。



<村松> こんな発色のピンク色、珍しいですね。
<笠井> こういった色って、少し挑戦っていう感じがしちゃうけど、黒と合わせたり、スポーティに着ればいいんだね。
<村松> 前に登場したフードのついたアウターと同じコットンナイロンの生地で、ドライな質感がカジュアルにも合わせやすいんだと思います。

[`evernote` not found]

カテゴリー: 「雑誌と私」 タグ: パーマリンク