「雑誌と私」Vol.228







皆様こんにちは。杉本です。
2学期11回目のレッスンです。
今回は白いチロリアンシューズです。
先日お客様が、白いチロリアンシューズをどのようにスタイリングの中で活躍させたらよいかと相談されました。
このお客様がこの秋の立ち上がりにご購入されたアイテムをベースに吉田さんのコーディネートをご紹介致します。


(1)かわいらしく

たっぷりしたボリューム感でメキシカンボントンを作ります。まずはベースとして、リブのタートルネックにハイウェストのAラインのスカートを合わせます。スカートには甘さの引き締め役として、今シーズンのトレンドを表現できるウェスタンニュアンスのベルトをあしらいます。ここに白いチロリアンシューズを組み入れます(左写真)。
この時のポイントはくるぶし丈の白い靴下を使い、まるでくるぶし丈の白いブーツを合わせているかのようなイメージを作ります。
この足元のイメージと先ほどのウェスタンニュアンスのベルトが呼応して、メキシカンボントンイメージが作られます。
このベースの上からまるでポンチョを羽織るようにナイロンコートを合わせスタイリングを完成させます。

(2)格好良く

リブのタートルネックに、太みストレートのパンツを合わせ、メキシカンボントンとは真逆なマニッシュイメージを作ります。
ここでは、白いチロリアンシューズを色のアクセントとして取り入れます。
日中の仕事ではニットをパンツの中に入れ、すっきり感たっぷりで活動的なイメージを演出します。夜、ディナーなどのお出掛けの場があれば、リブニットの裾をパンツの外に出し白いクラッチや白があしらわれたブレスレットなどをつけ、肩から軽い黒のストールを羽織り、快活なマニッシュから女性らしいエレガントなマニッシュにニュアンスを移動します。

(3)郊外へドライブ

休日に友人たちと紅葉を見に郊外へドライブ。そんな状況の時は白のチロリアンシューズをまるで白いスニーカーのようにカジュアルにコーディネイトします。スニーカーよりもきちんと感を保ちながら、カジュアルな雰囲気を楽しめます。タイトなブルーデニムと白いチロリアンシューズはとても相性が良く、デニムを崩し過ぎない雰囲気でまとめてくれます。

(4)ボーダーニットの白と色を絡める

9月コレクションのボーダーニットは黒×白・ネイビー×白・グレー×白がありましたが、それらのどれともこの白いチロリアンシューズはうまくコーディネート出来ます。
上の写真は黒×白でカジュアルロックなスタイルを作ってみました。
チロリアンの白とボーダーの白で黒色を挟み込むように使います。
ボーダーのニュアンスをたっぷりと楽しめるコーディネートが簡単に作れます。
参考までにネイビー×白のコーディネートをマリンバージョンで人形に着せてみました。それが下の写真になります。

(5)くつろぎ

カーゴパンツにたっぷりめのニットを合わせ休日の午後をくつろぐ雰囲気を作りました。そんなくつろぎの雰囲気にも白いチロリアンシューズは対応してくれます。
海沿いで遅めのランチをいただく時にこんなスタイルを是非楽しんでみてください。

今回はお客様のリクエストで白いチロリアンシューズに注目しました。私もとても勉強になるので着回しやスタイリングなど、このコーナーで取り上げて欲しいアイテムをどしどしお伝え下さい。お客様の質問にお答えしながら、私も学習していきたいと思います。
杉本でした。




[`evernote` not found]

カテゴリー: 「雑誌と私」 パーマリンク