「雑誌と私」Vol.224



皆様こんにちは杉本です。2学期7回目のレッスンです。
今回はネイビーのテイラージャケットについて考えます。
マジョーレが展開するネイビーのジャケットは、学生さん達が着ているクラッシックなネイビーと比べると青みが強く、清楚さとかっこよさを兼ね備えています。日本でもとても有名な世界のメゾンブランドのパターンも手がけるパタンナーがひくマジョーレのジャケットとパンツのシルエットは、袖を通したり履いたりしてみると、そのフォルムのかっこ良さから、「なるほど。」と納得できるアイテムです。



ジャケット、パンツ共、シルエット、色、質感のバランスがとても良いので、複雑なコーディネートに走らず、シンプルに合わせることが最高のコーディネートだと考えます。白いTシャツを合わせただけのスーツスタイルは、美しさとつまらなさの際のコーディネートですが、このマジョーレのジャケットパンツのネイビーとフォルム、そして素材の質感があればベクトルは確実に美しさの方へ向かいます。

このネイビーのジャケットは、カジュアルなカーゴパンツを合わせてもどこまでも美しく品よく保てます。




少し気温が下がり始めたら、ミックスウールのニットをインナーに合わせてみます。ボトムもジャージーのパンツを合わせ、上から下まで柔らかいイメージをキープします。その上からこのジャケットを羽織れば、深い秋にぴったりの暖かみのあるジャケットスタイルが完成します。

ジャージはそれ自体が弾性のある暖かい素材です。ニットの代わりにジャージのシャツをあわせコーディネートすれば、深い秋に着られるシャープなジャケットスタイルが作れます。


ジャケットがアイテムとして、トレンドのカテゴリーの中に入ってきました。仕事をするとかしないとかではなく、目新しいコーディネートを完成する一着として、ぜひトライしてみてください。
杉本でした。



[`evernote` not found]

カテゴリー: 「雑誌と私」 パーマリンク