「雑誌と私」Vol.226






皆様こんにちは。杉本です。
2学期9回目のレッスンです。
今回はAラインのラップスカートです。
先日お客様からこのラップスカートを
『どのように穿いたら良いか』と相談されました。
その時、上手く提案できたいくつかのスタイルがありました。
それらのスタイルをご紹介致します。

シーズン始まりの勉強会で、吉田さんから教えて頂いたラップスカートの特徴をまずお話します。
Aラインのラップスカートは活動のしやすさと、きちんと感でミリタリーやマリンなどのユニフォーム的な要素があると、教えて頂きました。
その特性を生かすことがコーディネートのポイントとなります。

アヴィエータ―風のボンバーブルゾンを合わせます。
ポイントはスカートのボリュームとバランスのとれる丸みを上半身で作ることです。
この場合ボンバーブルゾンのサイズをあえて1サイズあげました。
活動のしやすさをアピールするコーディネートです。

ミリタリーアウターの代表作といえば、トレンチコートですが、
この場合は肩線をキッチリと合わせ、ジャストサイズでコーディネートしました。
襟元からスカートにかけきれいなAラインが作れています。
きちんと感をアピールするコーディネートです。

ライダースを合わせ人形で同様のアクティブパターンを作ってみました。
ここで気を付けたいのはスカートの丈です。
身長の高い人形と私の履いたスカートの丈感が同じようになっていることに気づかれたでしょうか。
このスカートを試されるときは丈感を調整することから挑戦してみてください。

ボーダーのニットを合わせマリンの雰囲気を作ります。

ライダースを合わせます。
ライダーズのなめした黒の印象がブーツと連動して少しハードなイメージを楽しみます。

ライダーズのコーディネートで柔らかさを求めるなら、足元を変えてみては如何でしょうか。白いスリッポンとネイビーの靴下を合わせ、カジュアル感を高めます。

人形でよりカジュアルなマリンスタイルを作ってみました。
被りのナイロンブルゾンで胸元と袖口にボーダーを見せながらとてもスポーテイなコーディネートが出来ました。
海風を防ぐウィンドブレーカーのイメージがとても伝わってきます。


チャレンジして欲しい今シーズンのアイテムがあれば、店頭で是非お伝えください。
頑張って有益なスタイリングを私も勉強しながら提案できればと思っています。杉本でした。





カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.226 はコメントを受け付けていません。

「雑誌と私」Vol.225







皆様こんにちは杉本です。
2学期8回目のレッスンです。
今回はラウンドネックのカモフラージュ柄のニットです。


すでにカモフラージュ柄のカーディガンはご紹介しましたが、同じカモフラージュ柄のラウンドネックがイタリアより届いたので、早速コーディネートしてみます。

今回のコーディネートのテーマはスポーツとボントン。
一人の女性が活動的なイメージと清楚なイメージを着まわすことを想定してスタイリング致しました。
まずはスポーツマインドたっぷりのものからご紹介致します。

立ち上がりから展開しているビスコース素材のハイネックニットに、プントミラノと呼ばれるジャージ素材のテーパードパンツを合わせます。
もうこれだけでスポーツマインドたっぷりでとても素敵ですね。

70年代のスキーブームの時に、タートルのスキーTシャツラウンドネックニットを合わせるスタイリングが大流行しましたが、そのスタイルをインスピレーションにしてコーディネートしました。
タートルネック+ラウンドネックはこの秋とても新鮮に感じます。

上のベースにこの春から展開しているグレー茶のパーカーブルゾンを合わせます。
秋の海を楽しむようなイメージが作れました。
このパーカーブルゾンを春にゲットされた方は、この秋はこのカモフラージュ柄のニットとのコーディネートを楽しんでみては如何でしょうか。

次のコーディネートは田園の中で秋の草花を楽しむようなブリティッシュ感覚のスタイリングをイメージしました。足元の白いスリッポンがボントンの印象を強くし、これだけで清楚な感じが漂います。
前回はネイビーのワンピースでしたが、今回はグレーブラウンを選びました。

このワンピースの上からカモフラージュ柄のニットを合わせます。元気の良い良家の女の子(ボントン) のイメージが継続します。カモフラージュ柄を構成する、3色の中のグレーとワンピースのグレーブラウンが、呼応しコーディネートに調和が保たれます。

たっぷりしたパーカーを羽織り、ワンピースのAラインを一回り大きなAラインで囲います。完璧なバランスのフルコーデイネートが出来ました。

今回は、カモフラージュ柄のニットでまったく印象が違うコーディネートにチャレンジしてみました。
そしてこの秋のアイテムは自分らしさを色々なイメージで作ってくれると実感出来ました。
杉本でした。




カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.225 はコメントを受け付けていません。

「雑誌と私」Vol.224



皆様こんにちは杉本です。2学期7回目のレッスンです。
今回はネイビーのテイラージャケットについて考えます。
マジョーレが展開するネイビーのジャケットは、学生さん達が着ているクラッシックなネイビーと比べると青みが強く、清楚さとかっこよさを兼ね備えています。日本でもとても有名な世界のメゾンブランドのパターンも手がけるパタンナーがひくマジョーレのジャケットとパンツのシルエットは、袖を通したり履いたりしてみると、そのフォルムのかっこ良さから、「なるほど。」と納得できるアイテムです。



ジャケット、パンツ共、シルエット、色、質感のバランスがとても良いので、複雑なコーディネートに走らず、シンプルに合わせることが最高のコーディネートだと考えます。白いTシャツを合わせただけのスーツスタイルは、美しさとつまらなさの際のコーディネートですが、このマジョーレのジャケットパンツのネイビーとフォルム、そして素材の質感があればベクトルは確実に美しさの方へ向かいます。

このネイビーのジャケットは、カジュアルなカーゴパンツを合わせてもどこまでも美しく品よく保てます。




少し気温が下がり始めたら、ミックスウールのニットをインナーに合わせてみます。ボトムもジャージーのパンツを合わせ、上から下まで柔らかいイメージをキープします。その上からこのジャケットを羽織れば、深い秋にぴったりの暖かみのあるジャケットスタイルが完成します。

ジャージはそれ自体が弾性のある暖かい素材です。ニットの代わりにジャージのシャツをあわせコーディネートすれば、深い秋に着られるシャープなジャケットスタイルが作れます。


ジャケットがアイテムとして、トレンドのカテゴリーの中に入ってきました。仕事をするとかしないとかではなく、目新しいコーディネートを完成する一着として、ぜひトライしてみてください。
杉本でした。



カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.224 はコメントを受け付けていません。

「雑誌と私」Vol.223






皆様こんにちは杉本です。
二学期6回目のレッスンです。
今回はコーディロイの太身ストレートパンツです。  

一学期のブログのこの秋気になる素材の中でも紹介したコーディロイのパンツが届きました。間もなく皆さまにお届けするDMにもこの秋の注目テーマの一つとして取り上げています。

吉田さんにこのパンツを使ったコーディネイトを相談したところ、
コーディロイはローファーなどのきちんと感のある靴も合うけど、杉本さんらしくカジュアルに仕上げるのであれば、白のスリッポンを合わせてみてはどう?と言われ、そのようにしてみました。
次の写真がコーディネイト例になります。

まずは本日(10月21日)の気温22℃を参考にしたコーディネートです。
コーデュロイは吉田さんによると、
とても暖かみのあるスウェードに似た雰囲気をもっているとのことです。
ですから、暖かいウールのセーターや、レザー素材とは非常に相性が良いとの事です。
でもコットンで出来ているので、「薄いコットン素材のTシャツともコーディネート出来てしまうのですよ。」とのことです。
ということで、白いTシャツと白いスニーカーを合わせてみました。
なんと私らしいのでしょうかと感動しました。
右の写真はロックスタイルで使ったレザーブルゾンを合わせたものです。
このスタイリングも素敵ですね。

少し肌寒くなってきたことを想定して、
白いTシャツの上からヘンリーネックのカットソーを合わせて見ました。
これもコットンなので、コットン素材の重ね着になります。
吉田さんがお話されていたように、
トップスの暖かみに呼応するかのようにコーディロイの暖かみが前面に出てきました。
この上からレザーブルゾンを合わせ、深まる秋のコーディネートが完成しました。

イタリアでは、コーデュロイのボトムにGジャンを合わせたり、サファリジャケットを合わせたりするコーディネートも良く見掛けるそうです。
私も是非チャレンジしてみたいです。
ジーンズで、何だか平凡なスタイリングになりがちな時、ジーンズの代わりにコーデュロイを取り入れてみては如何でしょうか。
同じようにコーディネートが出来、でも印象がぐっと変わってきます。
コーデュロイのパンツとっても気に入りました。
杉本でした。




カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.223 はコメントを受け付けていません。

「雑誌と私」Vol.222 



皆様こんにちは杉本です。
2学期5回目のレッスンは、私らしいカントリースタイルです。
間もなく皆様のお手元に第2回目のDMが届くと思います。
その中で、カントリースタイルが提案されています。
ヨーロッパの週末の過ごし方は、海や山に出掛け自然と戯れることがとても多いのですが、その中の山バージョンです。

元気の良さと、活動的なイメージをタートルネックのカットソー、ショートパンツ、ブーツで作りました。この上から大判のストールを羽織るだけでも素敵になれるベースが出来ました。

上のベースにカモフラージュのカーディガンを合わせました。
カモフラージュ柄のネイビーがベース全体から広がるネイビーと調和しています。
田園風景を見ながらの少し早い朝食はこんなスタイルで楽しみたいです。

家族と一緒に少し離れたアグリツーリズモ(自分たちの農作物でレストランを経営する所)でお昼ご飯。放牧された馬を見ながらのランチは乗馬スタイルをイメージしたコーディネートで楽しみます。

13:00時にスタートしたランチはゆったりとした時間の中で過ぎていきます。
お腹がいっぱいになって時計を見ると既に16:00時近くになっています。
秋風が肌寒く感じられる時間帯にはこのナイロンのパーカーを羽織ってお散歩です。

19:00時すっかり外が暗くなり、街の明かりがとても美しく感じられます。
久しぶりにみんなで楽しむ夜ご飯は20:30分から。
それまでウィンドウショッピングを楽しみます。こんな時はこのパーカのロングコートがとても役立ちます。

今回は私が週末を田園が広がる郊外で過ごす時をイメージしてコーディネートを考えてみました。2学期のレッスンの中で、海沿いの街での週末をイメージしたコーディネートも是非チャレンジしてみたいです。杉本でした。




カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.222  はコメントを受け付けていません。

「雑誌と私」Vol.221





皆様こんにちは杉本です。
2学期4回目のレッスンです。
今回はグレーという色に注目します。


吉田さんによると、
「茶色やカーキ色、ベージュ色などが、トレンドカラーとして注目される時、
サブカラーとしてグレーの着こなしをマスターしておくと、とても役立ちますよ。」とのことでした。そして「グレーには2つの系統がある。」とのことでした。
1つは青をたっぷり含んだグレーと、
もう1つは赤みのあるグレーです。
今回のマジョーレのグレーは青をたっぷり含んだグレーです。

ニットのボーダーに使われているライトグレー、パンツに使われている鉄色と言われるグレー、これらは濃淡の差こそあれ、どちらも青色を含んだグレーです。濃淡のあるグレーのコーディネートをするときには濃淡の青グループか赤グループかを見極めて、コーディネートをすると、すっきりまとまります。

立ち上がりから展開しているカーキー色ミリタリーのシャツブルゾンを羽織りました。
カーキ色はそれ自体が青グループなので、青グループのグレーととても相性良くまとまります。

立ち上がりから展開しているカーキー色 のボンバーブルゾンを羽織りました。
丈感はシャツブルゾンよりも短いですが、青グループのルールさえ守れば、カーキ色が占める色合いとは関係なく、バランスが保てます。

羽織っているジャケットはオリジナルではなく、パリで買い付けた商品ですが、
青グループのグレーなので、 オリジナルのボーダーニットのグレー、オリジナルのフェルパカーゴパンツのグレーと上の写真のように色がまとまります。
お手持ちの様々なグレーをコーディネートされる時は、青グループ・赤グループで分けておくととても効率よくスタイリング出来ます。

本日はグレーのレッスンでした。




カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.221 はコメントを受け付けていません。

「雑誌と私」Vol.220 



皆さまこんにちは杉本です。
2学期3回目のレッスンです。
今回は、着回しのつなぎ役ワンピースです。

人工シルク素材のワンピースが届きました。
色はグレーブラウンとグレーネイビーの2色です。
私は上の写真のようにグレーネイビーを選びました。
ボントンな雰囲気が漂うワンピースはスポーテイな私をとても可愛らしく演出してくれます。

このワンピースの上からVol.218で大人のロックなイメージで使用した、ボーダーのニットを合わせます。
上にも書いたようにあのスポーティに着こなしたボーダーニットがまるで女の子のような可愛らしさを演出するボーダーニットの雰囲気に変わりました。

上のコーディネートを見ていた吉田さんが、
「マリンの雰囲気でこのコーディネートを仕上げましょう。」とナイロンのトレンチコートを羽織らせてくれました。なるほど、とても素敵です。

次のチャレンジとしてこのワンピースの上からVol.219で使用したカモフラージュ柄のざっくりカーディガンを合わせました。
ワンピースのネイビーとグレーとカモフラージュ柄の中で使われているネイビー・グレーががうまく混ざり合い、色合いは完璧。そして丈感・ボリュームともとても感じよく仕上がりました。

上のコーディネートを見ていた吉田さんが、
「少しやんちゃな女の子(トムボーイ)の雰囲気でこのコーディネートを仕上げましょう。」とVol.218のロックテイストで使ったレザーブルゾンを羽織らせてくれました。
フェミニンなワンピースが一気に格好良いという言葉がぴったりな雰囲気に変わりました。


ワンピースは着回しの幅を広げる最高のアイテムの1つだと吉田さんから聞いていました。Vol.218とVol.219で使ったアイテムにワンピースを1つ加えることでこんなにコーディネートが広がり、「こういうことか!」と納得のいくレッスンでした。




カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.220  はコメントを受け付けていません。

「雑誌と私」Vol.219 





皆様こんにちは杉本です。
2学期2回目のレッスンは、
カモフラージュ柄のざっくりカーディガンです。

吉田さんによれば、
何年もかけて満足する色デザインを考えながら、
ようやく出来上がったアイテムの1つだそうです。

カモフラージュを構成する色は:
グレー・ブラウン・ネイビーの3色です。

それでは、このカーディガンの着こなしを何通りも試してみた中で、一番私らしく出来たコーディネートをご紹介致します。

まずは、インナーについて。

このカモフラージュのカーディガンは秋の立ち上がりに展開したゴールドボタンの付いたツインセット(アンサンブル)と同じ糸でゲージを変えて作られています。
つまり、このカモフラージュのカーディガンの中に立ち上がりで展開したツインセットのインナーを合わせれば、色がピッタリ合うということです。
ですから、ある意味で10月には9月とは違った新たなツインセットを楽しめることになります。

私は秋の立ち上がりにネイビーのツインセットを試していたので、ネイビーの色を使ってのコーディネートを考えました。
今回のコーディネートで一番気に掛けたことは、
ボトムのボリューム感です。
このカーディガンはたっぷりしたシルエットです。
私の身長でどのようなボトムがこのカーディガンとバランスをとってくれるか、そのことに留意しました。

試したボトムは一番タップリとした太めのストレート、中位のボリュームのカーゴパンツ、そして上の写真の細身のデニムです。
インナーの半袖のニットとは上の3タイプのどのボトムとも上手くバランスがとれたのですが、カーディガンを羽織った瞬間、太めのストレートとカーゴパンツは全体のバランスを壊してしまいました。
ということで、細身のデニムを選ぶことにしました。
最後に靴に関しては、スニーカーとローファーを試したのですが、キッチリ感を表現できるローファーの方が全体のコーディネートに質感と重厚感を与えられる気がしたので、ローファーを選びました。

店頭でこのカーディガンを試して頂く際には、
カーディガンとボトムとのバランスに一番重点を置いてスタイリングされれば、
きっと自分らしさを表現できるバランスが見つかると思います。
是非チャレンジしてみてください。
杉本でした。




カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.219  はコメントを受け付けていません。

「雑誌と私」Vol.218






皆様お久しぶりです、杉本です。
10月になり、待ちに待った2学期がスタート致します。
この期は、新たにイタリアから届くアイテムを出来るだけ早く、自分らしく着こなし、
その感想を伝えるブログになると思います。

店頭に届いた後、1週間以内で旬の香りを皆様にお伝えすることを目標として頑張ります。宜しくお願い致します。



ボーダーニットが届きました!
色は3色です。
私が着ているのは白×黒。
他に白×ネイビー・白×グレーもあります。
まず手に取った時、手触りがふわふわでビックリしました。
吉田さんによると、
ふっくらとした冬のニットコートを作る糸を使って、12ゲージでフラット編みすると、この効果を出すとの事です。
肌触りはまるでくまの人形を抱いているかのようです。


コーディネート

吉田さんから言われたのは、
シャープな着こなしと、よりカジュアルな着こなしの2択があるとのことでした。迷うことなく私はカジュアルな着こなしを選びました。ボトムに春から継続の黒デニムを合わせ、フランスから届いたばかりの、チロリアンシューズを合わせました。

パンツの裾と、シューズの間に最初は黒いソックスをいれたのですが、
吉田さんに、
「黒の靴下の代わりに、白い靴下を入れると、ボーダーの流れが全体に広がり、より一層すてきよ。」と言われました。

なるほどと思えるコーディネートは上の写真のようになりました。
靴下の色でここまで印象が変わってしまうなんてコーディネートに対して、この2学期まだまだ習得しなければならい事が多いな、と感じられる一瞬でした。

このベースの上から、
私にとっては初のトライとなるレザーのブルゾンを羽織りました。
レザーブルゾンと言うと、何だかハードなイメージがすぐ浮かんでしまったのですが、コットンやナイロンのブルゾン同様、やわらかな雰囲気で柔らかく着られるんだと感心しました。
吉田さんによると、
ベースのふんわりしたニットと、チロリアンシューズのぷっくり感、そして白い靴下がとてもやわらかなイメージを作っていて、その延長線上の中にレザーブルゾンがあるため、こんなにやさしい印象になるとの事でした。

このレザーブルゾンはこのボーダーニットに合わせて、是非コーディネートしたいと、レザー工場にお願いして、特別プライスで作ってもらったとのことです。
(本当にプライスを聞いてビックリ!しました。)



2学期の初のブログでこんなに素敵なコーディネートが出来てしまったので、
次回からがとてもプレッシャーに感じる事もありますが、吉田さんに色々とアドバイスを頂きながら、どんどんミニblogを作って行きたいと思います。

繰り返しになりますが、
この秋も杉本学校宜しくお願い致します。




カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.218 はコメントを受け付けていません。

「雑誌と私」Vol.217






この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 無題.png です


皆様こんにちは。
今回はお洋服の話からちょっと離れて、6月にイタリアから届いた、深い睡眠を促すというスプレーのお話です。世界中で成長ホルモンのバランスを整え、ダイエット効果も期待できると「深い睡眠」が注目される中、美を求め続けるマジョーレはいてもたってもおられず、この深い睡眠を促すスプレーを(世間ではピロースプレーといわれている。)をBIO製法で作りました。
偶然にもイタリア人のスタッフの一人が、18世紀創業のフィレンツェのハーブ薬局のご子孫と知り合いで、とんとん拍子で作る運びとなったのです。
香りは、ラベンダーとバニラで、天然のBIOにこだわりました。
睡眠前に枕にスプレーすると、心地よく深い眠りが誘導されるとのことです。
マーシャも含め、私(村松)、笠井さん、杉本さん、吉田さん、みんなが使っていてとても評判が良いです。でも、ここは疑い深いマジョーレのスタッフたち。
これっていわゆる小麦粉を薬と思って飲んじゃうと良く効くっていうプラシーボ効果っていうやつじゃない?と誰からともなく言い始め、科学的に実験してみようということになりました。用意したのは今流行りの体内リズムを測る腕時計です。
この体内リズムを測る時計で成長ホルモンを出してくれる深い睡眠が、このスプレーの使用前使用後でどう変わるかを調べてみました。
村松、笠井、杉本の夏休みの共同自由研究です。
結果は次の通りとなりました。


村松レポート 使用した香り<ラベンダー>

縦軸が時間、横軸が日にちになっています。6月と7月、月単位でまとめたものです。

【A】未使用期間 6月13日~6月30日 17日間

【B】スプレー使用期間 7月1日~7月31日 31日間

<スプレー未使用時>
平均総睡眠時間 7時間1分
平均深睡眠59分

<スプレー使用時>
平均睡眠時間 7時間10分
平均深睡眠 1時間15分

<結果>
深睡眠時間が15分ほど伸びました。
                          



杉本レポート 使用した香り<バニラ>

杉本のデータグラフは使用前・使用後のチャートが同時に記録されています。
白のラインは浅い睡眠・水色は深い睡眠となります。
未使用期間 17日間
使用期間 53日間

<スプレー未使用時>
平均総睡眠時間 8時間 
平均深睡眠 1時間30分

<スプレー使用時>
平均睡眠時間  7時間50分
平均深睡眠  1時間45分

<結果>
深睡眠時間が15分ほど伸びました。                       



笠井レポート 使用した香り<ラベンダー>

村松さん、杉本さんとは違う睡眠測定器を使用した為、グラフの形態が異なりますが、測定方法は同じです。笠井のデーターグラフは縦軸が時間、横軸が日にちになっています。青のラインが総睡眠時間、オレンジのラインが深睡眠時間です。

【A】ピロースプレー未使用期間 7月8日~8月15日まで(39日間)     

【B】ピロースプレー使用期間 6月1日~7月7まで (37日間)

<スプレー未使用時>
平均総睡眠時間 6時間7分
平均深睡眠 3時間00分

<スプレー使用時>
平均睡眠時間  7時間
平均深睡眠  4時間8分

<結果>
深睡眠がなんと1時間8分伸びました。
                          




3人とも深睡眠が長短の差こそあれ伸びました。
笠井さんは一番長く深睡眠をゲットしていますが、塵も積もればということで、私(村松)と杉本さんも、この深睡眠を伸ばし続け、12月頃には見違えるような肌ツヤを店頭でお見せ出来ればと思っております。
私達の変化に気づかれたら、これはスプレーのお陰ねと思ってください。夏休みの自由研究でした。
村松・笠井・杉本

カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.217 はコメントを受け付けていません。