「雑誌と私」Vol.179

 
 
 


“Do I look good?”
“Yes, you look beautiful.”

 
 
 
 
——————
  
私がコレクションチェックの為いつも滞在する港町には、
お洒落で知的なイタリア女性達が集まるということを
何度もこのブログでお伝えしてきましたが、
彼女達のスタイリングの中で日本の大人の女性も、
ぜひ取り入れたらいいなと思うものに、
プリント柄やロゴ入りのTシャツがあります。
若い世代の女性達には必須のアイテムですが、
大人の女性達にとっても思いがけないスタイリングの幅を
広げてくれる効果が期待できます。
 
 
 
(1) プリントTシャツ
DSC07203-1DSC07207-1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボトムはフェルパ素材の焦げ茶ものを前回のBlogに引き続き穿き、
トップスに60’sっぽい花柄Tシャツを合わせます。
グリーンとブルーが混ざり合った微妙な色のTシャツは、
黒や焦げ茶、そしてジーンズなどととても良く合います。
イタリアらしい色出しですね。
ベージュのトレンチコートを羽織れば、レトロな感じが増し、
大人の60’sスタイルが楽しめます。
 
  
 
(2) 
DSC07220-1DSC07226-1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(1)で羽織ったトレンチコートを、
カーキ色のサファリジャケットや焦げ茶色のマリンブルゾンに変えても
このプリントの存在感が全体の雰囲気を大人の60’sカジュアルに
上手くまとめてくれます。
 
 
 
(3)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボトムを黒のイージーパンツに変えて、
足元に黒のローファーを合わせます。
羽織物には、(2)の大澤さんと同じように、
サファリジャケットを合わせました。
ボトムの黒という色とクラシックな靴の印象で、
より大人な雰囲気にまとめることが出来ました。
柄Tシャツをコーディネートの中に入れていく時も、
自分の雰囲気に合ったベース作りが大切になり、
それはボトムと靴の選び方によってきっと見つかります。
 
 
 
  
(4) ロゴTシャツ
DSC07235-1DSC07238-1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フレンチブルーのロゴTシャツにボルドーのパンツを合わせます。(左写真)
港町でこんな格好をした大人の女性がエスプレッソを飲む姿を時折見掛けますが、
大澤さんもとても良く似合っていますね。
ここで気を付けたいのがアウターです。
甘い感じのものを選ばず、右写真のようにトレンチコートなど
少しマニッシュな辛口の雰囲気のあるものを選ぶと
大人の女性らしくまとめられると思います。

 
 
(5)  
DSC07244-1DSC07247-1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クオリティがキッチリ保たれた作りのアウターは、
カジュアルなスタイリングに高級感を与えてくれます。
(4)のトレンチコートや上の写真のマリンブルゾンやサファリジャケットも
アイテムの質感がロゴTシャツを子供っぽくなく大人のアイテムに引き上げてくれます。
 
 
 
(6)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マーシャも(4)で大澤さんが着用したロゴTシャツをチャレンジしています。
こんな感じのママが子供を連れて海辺を散歩したり、
カフェで一緒にジェラートを食べたりしている姿を見ると、
何度見てもため息が出るほど格好いいよな、と思ってしまいます。
 

 
 
 
——————
 
イタリアのプリント技術は日本のソレと何が違うのか分からないけれど、
日本でよく見かけるベッチョリ上から何かが塗られている感じのものではなく、
もう何度も着古した、というイメージのものが多いように思われます。
この感覚はイタリアのプリント業者の感性だと思うけど、
これが甘さを抑えてくれるんだと思います。
是非、チャレンジしてみてください。
次回は、ボーダーのTシャツをスタイリングしていきます。

                              吉田孔美

カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.179 はコメントを受け付けていません。

「雑誌と私」Vol.178




Is the Trend still something good for me?



——————

(1)

(A)
       (A)
(B)
               (B)
















大澤さんが穿いているパンツは、フェルパ素材のもの。
そして、トップスのブラウスは、ポプリン素材のもの。
今回は色染めの時、フェルパとポプリンの色の調合番号を同じにして染めました。
(こげ茶、グレーベージュ、キャメル3色の展開)
これにより、色は全く同じなんだけれど、素材からくるトーン違いの
デュエットスタイルが楽しめます。(左上写真(A))
(秋のスタートはこれだけでも雰囲気が出ます。)

DSC07163-1
DSC07170-1














焦げ茶色は、マジョーレらしくグレーをたっぷり入れて仕上げました。
右上写真Bで大澤さんがブラウスの上から着用しているニットの焦げ茶は、
このフェルパやポプリンに比べるとワントーングリーン味を増した色にしてあります。
これによりフェルパとブラウスの素材からくるトーンの違いと、
ニットの色のワントーン繰り上げからくるトーンの違いをミックスした
焦げ茶のトリオスタイルが楽しめます。
高級感と知的さをぜひ試着してみてください。

(2)

DSC07179-1














(1)のベースの上には、様々なアウターでより深みのあるコーディネートが楽しめます。
上のベース(B)にナイロンのコートを羽織ります。
ナイロンのベージュもフレンチブルー(両方とも新色)も、
パリっぽい雰囲気で少しだけ哀愁を乗せたイメージのスタイリングを意識にしています。

(3)

DSC07187-1














ベース(B)にサファリジャケットを合わせます。
少し丸みを帯びたボリューム感のあるサファリジャケットは、
カーキとキャメルの2色が準備してあります。
カーキ、キャメルとも、焦げ茶と合うようにグレーをたっぷりいれて染めました。

(4)

DSC07196-1
DSC07198-1














ベース(B)にマリンコートやテーラードジャケットを合わせます。
左のマリンジャケットもグレーがたっぷり入った焦げ茶色、
右のテーラードはチャコールグレー。
この焦げ茶のマリンジャケットを羽織れば、
より深みのある焦げ茶のカルテットスタイルが楽しめます。
ジャケットに関して言えば、黒のテーラードジャケットを合わせても素敵ですが、
あえて全体の焦げ茶からグレーを引き出す
チャコールグレーのジャケットを試してみました。

(5)














マーシャはグレーのフェルパのパンツにグレーのニットを合わせ、
ベージュのサファリジャケットで
全体としてのグレージュトーンをチャレンジしています。

(6)














マーシャはフェルパのパンツと同色のニットを合わせていますが、
フェルパのパンツと同色のポプリンのブラウスをベースにし、
その上からトーンが4段階濃いグレーのニットを合わせていくのもとても素敵なので、
色合わせのデモコーディネートを作ってみました。

(7)














(6)のベースに、大澤さんと同じように
グレーがたっぷり入った焦げ茶のマリンブルゾンと、
チャコールグレーのテーラードジャケットを合わせてみました。
どちらもとても素敵にまとまります。

(8)














キャメル色にもグレー味をたっぷり入れました。
女性の顔の雰囲気をとても美しく見せてくれます。
ただ、キャメルという色はスタイリングの中で
トーンとしての重ね着をすると膨張し過ぎてしまうので、
ニットを羽織る時はキャメルの色と良く馴染む黒やネイビーや
グレーや焦げ茶などを合わせると、とても簡単にまとまります。
上の人形は大澤さんが着た焦げ茶のニットを合わせて
色合わせのデモコーディネートを作ってみました。

(9)














(8)のベースに、大澤さんと同じように
グレーがたっぷり入った焦げ茶のマリンブルゾンと、
チャコールグレーのテーラードジャケットを合わせてみました。
このキャメル色の中のグレーが、バランス良く引き出されています。


次回もまだまだ続きます。
                               吉田孔美


カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.178 はコメントを受け付けていません。

「雑誌と私」Vol.177

 
 
 
 

Over the Trend!!
Why can’t I ?

 
 


——————

(1) 
クレープのブラウスにイージーパンツを合わせました。
胸からくるぶしにかけて、キレイなひし形が出来ています。
このままでもスタイリングは完成しているのですが、
この上にニットを重ねることも出来ます。
長袖ニットは3型準備してありますが、身長に応じてバランスの良いものを選びます。
大澤さんには、(A)の写真のVニットが合っていると思います。
ここまで出来れば様々なアウターがバランス良く着られます。
更に完璧さを求めるのであれば、
興味のあるアウターの色でニットの色を選んでおくと良いでしょう。
例えば、ベージュのナイロンコートに興味がある方にはベージュのニット(A)、
キャメルのサファリジャケットに興味をお持ちの方にはキャメルのニット(B)、
という具合です。
DSC07072-1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(A) 
DSC07087-1DSC07089-1 
  
    
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(B) 
DSC07100-1DSC07118-1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
(2) 
同じクレープのブラウスで、よりインパクトのあるコーディネートを作ってみます。
今シーズンであればボルドーのパンツなどは、雰囲気が合えばとてもインパクトが強く、
60年代ロックのイメージが作れます。
黒×ボルドー×ベージュ、黒×ボルドー×キャメルなど、思ったより色合わせが
しやすいので、是非チャレンジしてみてください。
ボルドーがきつ過ぎると感じる方はブルーや、
ブルーでもきついと感じる方にはインディゴのジーンズといった感じで、
イメージを徐々に柔らかくしていくと良いでしょう。
DSC07122-1DSC07129-1
 
DSC07123-1DSC07127-1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(3) 
ブラウスと同素材のクレープのパンツやキュロットを合わせます。
これだけでスーツになり、とてもエレガントな雰囲気が作れます。
ただ、少年ぽい大澤さんにはどこかカジュアルな雰囲気を入れた方がよく、
足元を白のスリッポンにしました。
このベースが出来たら先ほどと同じように、
この秋着たいなと思えるアウターの色と合わせて、ニットの色を選んでみては如何でしょうか。
この時カーキ色のニットは準備が無いので、カーキ色のサファリジャケットを望む方は、
大澤さんが着ているベージュ色のニットがとても使いやすいと思います。
DSC07139-1DSC07140-1

DSC07143-1DSC07144-1
 
 

 
  
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(4)
(3)で大澤さんがチャレンジしたクレープのブラウスとパンツのスーツを
マーシャもチャレンジしています。
彼女はネイビーの上下に、この秋外せないこげ茶のニットを合わせています。 
その上からこげ茶のマリンパーカを羽織って、
永遠の定番「ごげ茶×ネイビー」をスタイリングに取り入れています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
——————
次回もまだまだ続きます。
                             吉田孔美 
 
 
 
 

カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.177 はコメントを受け付けていません。

「雑誌と私」Vol.176


私がイタリアに滞在している時、
私の友人でイタリアの様々なプロ選手のパーソナルトレーナーをしているルイジが、
時折トレーニングをしてくれるのですが、
彼の生徒さんのミキとその生徒さんのルチアのボディが
健康的でとても美しいので紹介したいと思います。


——————

IMAG0318

ミキは43才。スポーツ大好きのOLさん。
ルイジのお弟子さんの中でもとても優秀で、
彼女を慕う女の子達も彼女を真似してトレーニングしています。
今回彼女を取り上げたのは美しいボディもさることながら、
彼女の食事方法がとても健康的だからです。

彼女の食事の一例をあげてみます。

朝 アーモンドミルクや烏麦(エンバク)のミルクのカプチーノと全粒粉のブリオッシュ
10:00 BCAA(アミノ酸)とフルーツ
昼 玄米や全粒粉のパスタ、そして魚かお肉
15:00 全粒粉のパンに赤身のローストやチーズを挟んだサンドイッチ
夜 お肉や魚、そして様々な野菜と全粒粉のパン
(水曜日と土曜日はイタリアクラシックでピッツァ)
※ 魚やお肉、そして野菜には必ずオリーブオイルをかけます。

朝、エネルギーが足りないと感じる時は、甘いもの(ドルチェ)を添える。(クッキーなど)
日曜日には夕食後に必ずドルチェ。大好きなジェラート(アイスクリーム)を頂くとのこと。

食事と一緒にオメガ3とT3、寝る前にはビタミンD3と亜鉛をサプリメントで摂っているとのこと。
(オメガ3とT3は免疫機能アップや代謝アップ、疲労回復を助けるとのこと。)
(亜鉛も免疫機能アップや代謝アップのため、ビタミンD3は女性が掛かりやすい、
骨粗しょう症や筋肉が減少してしまうサルコペニアを防ぐのに役立つとのこと。)
と、ミキは言っておりました。

IMG-20180806-WA0014

ルチアはミキの生徒さんで30歳、左写真が4年前、。
ミキとトレーニングをして
ミキと同じような食事に変えてから
1年半で右のような体型になったとのこと。
今はとても代謝が上がり、
この体系を維持している、とのこと。

——————

ルイジが、この2人は健康的な食事療法でたくさん食べると言っていました。
日本料理もイタリア料理と同じように、元々はとても健康的な食事です。
ダイエット記事に踊らされず、原点に戻ってバランスのいい食事が出来るようになるといいですね。

次回からはいよいよ秋冬物です。お楽しみに。

吉田孔美

カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.176 はコメントを受け付けていません。

「雑誌と私」Vol.175

 
 
 


今回はベース作りの最終回です。 
 


 
 
———————————–
 
(4)タイトな菱型ベース
P1820168P1820160P1820256P1820191 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

Vol.173で取り上げた私の大好きな菱型ベースをもう少しフォローします。
Tシャツはそのままボトムをタイトなテーパードパンツに替え、胸からくるぶしにかけタイトな菱型ベースを作ります。
その上からルーズなボックスタイプのジャケットを合わせたり(左上写真)、サファリジャケットを合わせたり(左下写真)、
襟の詰まったカーディガン(右下写真)などを合わせます。
スポーティなスタイリングが得意な方にはこのベースは特におススメです。
※黒のマリンジャケットは(3)同様、大切なベースのシルエットを見えなくしてしまうので、あえて避けました。 
 
 
 
(5)キュロットやショートパンツを使って長方形ベース
P1820027P1820022
 
 P1820038P1820049
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スポーティでかわいらしいイメージを作りたいときには長方形ベースはとても有効です。
この時気を付けたいのが、羽織物を羽織った時にこの長方形ラインを壊さないこと。
シェイプが入り過ぎたアイテムや前回見た着物スリーブのような台形のイメージがある羽織り物は
全体のバランスを崩しがちになります。
あえて難しいチャレンジはしないでベースの長方形にこだわります。
 
 
——————
 
この秋、マジョーレは、お客様の個性を活かしたベース探しにより重点をおきながら、
「らしさを追及するコーディネイト」を提案できるよう努めて参りたいと思っております。 
 
                                 吉田孔美
 
 

カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.175 はコメントを受け付けていません。

「雑誌と私」Vol.174

 
 
 

前回に続きベースライン作りです。
 


 
 
——————
 
(1)緩やかなAラインベース 
P1810834P1810812
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

P1810817
 
 
ベースはブルーTシャツと
同素材のフレアスカートを合わせ(右上写真)、
ふんわり緩やかなAラインを作ります。
その上に、少したっぷり目の着物スリーブの
ジャケット(左上写真)や、
ダブルブレストのマリンジャケット(左写真)を
合わせます。

 
 
 
 
 
 
 
 
(2)タイトスカートを使って縦長ラインベース 
P1810908P1810860
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

P1810942
(1)のブルーTシャツと同じ型の黒Tシャツに、
ポケットに小さなボタンの付いたタイトスカートを合わせ、
少し制服ライクなイメージで縦長ライン(右上写真)を作ります。
(1)で使ったダブルブレストのマリンジャケットを
合わせたり(左上写真)、
黒×ライトベージュの色合わせにとても相性の良い
キャメル色のサファリジャケット(左写真)を
合わせます。 
 
※このタイトスカートのベースに着物スリーブは
ミセスになり過ぎるのであえて避けました。
 
 
 
 
 
(3)フレアのパンツを使って縦長ラインベース
P1810949P1810970
 
 
 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1810984 
(2)のタイトスカートを
Tシャツと同素材の緩やかなフレアパンツに替え、
少しだけゆとりのある縦長ライン(右上写真)を作ります。
(2)で使ったキャメル色のサファリジャケットを合わせて
(左上写真)スポーティなイメージを作ったり、
(1)で使った着物スリーブのジャケットを合わせて(左写真)、
少しモード感のある70年代風イメージを楽しみます。
 
※(1)や(2)で使った黒のダブルブレストのマリンジャケットは
すっきりした縦長ベースの黒をまったりとした黒に
塗りつぶしてしまうので、
このベースの上に合わせることはあえて避けました。 
 
 
 
 
——————
 
次回もベースと羽織り物の関係を続けます。
夏の終わりから秋の始まりにかけ、着まわせるコーディネートだと思います。
 
                                     吉田孔美

カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.174 はコメントを受け付けていません。

「雑誌と私」Vol.173

 
 


P1810703今日のテーマは、ベース作りです。
今までも何度か、これについては触れてきましたが、
自分らしいスタイリングを作るベースとなるので、
秋が始まる前に、もう一度おさらいします。
 
私自身の大好きなベースは、
胸からくるぶしにかけ、スッキリとした菱型ベースです。
様々な羽織物を簡単に着まわせるこのベースが
私の体型にはとてもしっくりくると思っています。
 


 
 
——————
 
自分の体型にあったベース作りにこだわるのは、それさえできてしまえば様々な羽織物をコーディネイトすることがとても簡単にできてしまうからです。
次に3つのタイプの羽織物を合わせてみます。
 
(1) シャツブラウス
P1810388
 
 
 
 
ブラウスの袖からベースのTシャツの袖が
少しだけ見えるように合わせます。
 
 
 
 
 
 
 
 
(2) 着物スリーブの羽織物
P1810672
 
 
 
ショート丈の着物スリーブの羽織り物を合わせ、
少しだけモード感を醸し出します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(3) 台形のPコート 
P1810473
 
 
 
肩幅がキッチリと合った台形シルエットのPコートを合わせ、
女性が美しく見えるひし形の最高バランスを作ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
——————
 
次回もベース作りの続きをします。
 
                                吉田孔美 
 
 
 
 
 
 

カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.173 はコメントを受け付けていません。

「雑誌と私」Vol.172

 
 


エリザベッタの真似、最終回です。
 
彼女の娘さんはフェンシングをしており、
日本の剣道との違いなどを話し合いながら、
盛り上がることが、度々ありました。
そんな彼女がちょっとした公の場に出掛ける時、
ジャケットなどを羽織るのですが、
その時の素敵だなと思ったコーディネートを、
2つ真似してみます。
 
 
——————

 
(1) テーラードジャケット
P1810061
 
 
テーラードジャケットにはシンプルなTシャツを合わせ、
ボトムも軽やかな感じでスネ丈の物を合わせていました。
Vol.170でも紹介したモノトーンの色合わせは、
夏らしくとても爽やかでした。

 
 
 
 
 
 
 
 
P1810079
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(2) Pコート 
P1810104
 
 
 
それ自体がキチンとしたブラウスにタイトスカートを合わせ、
シンプルにボントンな装いでまとめていました。
羽織物には着ても着なくてもいいように、
とても薄い素材でできたPコートタイプの羽織物を
準備していました。 
 
 
 
 
 
 
 
P1810112
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
——————
 
(1)(2)どちらのコーディネートにも今ブームになっているマリンの要素を取り入れていました。
前を開けると大きくボックスの形になる羽織り物は、この夏らしいバランスを嫌味なく作り出しています。
マーシャも撮影日にはマリンをイメージさせるボタンがいくつも付いたスカートを穿いていましたが、
皆を真似して、この秋は私もマリンな雰囲気でスタートしてみようかな、と思っています。
 
                                     吉田孔美 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.172 はコメントを受け付けていません。

「雑誌と私」Vol.171

 
 


エリザベッタの真似、3回目です。
今回は、スリーブなしでウエストマークのあるブラウスの着方です。
 
お客様でお持ちの方も多いと思いますが、
スリーブなしでウエストをキュッと絞れるブラウスが、
良く出回っています。
おへその位置から腰に掛けてふんわり広がるラインは、
タイトで細身のパンツととても相性が良く、
エリザベッタもフェルパの細身のパンツや、
スキニージーンズと合わせていました。

 
 
——————
 
(1) フェルパのパンツ
P1800966
 
足元をサンダルにして、とても軽い装いです。
突然の土砂降りで、
(イタリアもこの7月、時折異常気象で土砂降りが降り、
今回はヒョウも降った。私の友人のマルコはボンネットが
ボコボコニ傷付いたとコーヒーを飲みながらとても怒っていた。)
肩が冷える時などは、下の写真のように、
カーディガンを羽織ったりしていました。
 
 

 
 
 
P1800973
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(2) スキニージーンズ 
P1810235
 
 
 
スキニーのジーンズにはスニーカーを合わせ、
羽織物は下の写真のように
サファリジャケットを合わせていました。
ミリタリー系のシャツジャケットや、サファリジャケットを、
イタリア女性は本当に上手に日常着として着こなすけれど、
エリザベッタも例外なくその一人です。 
 
 
 
 
 
 
P1810259
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
——————
 
フェルパのパンツには柔らかいニットのカーディガンを、ジーンズのボトムにはジーンズ素材に
負けないギャバジンのジャケットを…。
相性の良さを考えながらエリザベッタはコーディネートをしているのかな、と勝手に思ってしまうほど、
彼女のコーディネートはバランスが取れていました。
ジーンズにカーディガンという、格好良さにもダサさにもどちらにも転がる可能性のある微妙なコーディネートを
敢えて省くという考え方も良いのかな、と思う夏でした。 
 
                                        吉田孔美 
 
 
 
 
 
 

カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.171 はコメントを受け付けていません。

「雑誌と私」Vol.170

 
 


4回に渡り、新しい私達のメンバー、
エリザベッタのコーディネートを
人形で真似しています。
今回は2回目。
モノトーンのコーディネートです。

 
 
——————
 
(1) 白×黒
P1800746
白の少しゆったりとしたTシャツの下に、
少し厚手でタイトな黒のTシャツを合わせ、
袖をその黒の部分が外側に来るように、クルクルと折り返します。
ボトムは夏らしく涼しげなコットンのワイドパンツを
足のスネ辺りまで折り返し、
袖の折り返しとバランスを上手く取ります。
彼女の履いていた白のスニーカーは、
底の薄いフランスがオリジンのブランドだったけど、
表面の柔らかさが全体のバランスと釣り合って、
とても素敵でした。
この人形にはハイカットの白スニーカーを合わせています。 
 
 
 
(2) 白×グレー
P1800757
 
白いブラウスは清涼感のある夏には欠かせないアイテムだけど、
エリザベッタもとても上手に着ていました。
グレーのショートパンツを合わせ、
足元はサンダルで。
袖を折り返したりはせず長いまま、
カフスのボタンを開け、
腰に手を当てたり、頭を抱えたり、腕を動かす度に、
袖口がふわふわと動く感じが、何だかとてもお洒落でした。
 
 
 
 
——————
 
私もブラウスは大好きで、特に洗い立てのブラウスにアイロンをかけている時などは、
幸せな気分でいっぱいになります。
エリザベッタの真似をして、私も袖を伸ばしカフスだけを開けた方法で着ていましたが、
ボトムには、フェルパのパンツやルーズなコットンパンツを合わせていました。
 
                                       吉田孔美 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.170 はコメントを受け付けていません。