「雑誌と私」Vol.295



皆さまお待たせ致しました。
2020年オリジナルアイテムの冬バージョンのお知らせです。





今回は、スーパーリラックス、楽な車移動、今シーズン最強のトレンド「馬」をコンセプトに、おしゃれ女性の「やっぱり素敵。」をミニマムな3アイテムで完璧に表現できたと思います。パタンナー及び製造工場も妥協せず、ランウェイでも注目されるメゾンの仕事を受けるパタンナーや工場によって作られました。ウィルス問題でいつもよりも時間は掛かりましたが、このようにクォリティの面でも妥協無しで完成できました。きっと楽しんで頂けると思っております。




ライダースニットカーディガン

ニットは7ゲージ。シーズン性を感じさせないビスコース素材です。
ストレッチ体操も出来る柔らかさで、硬いライダースのイメージを作りました。
インナーとして、アウターとして、着回しも効き、シーズンレスでご利用頂けます。



七分袖コートジャケット

七分袖コートジャケットです。あたたかいフランネル素材と繭型のシルエットは、イタリアのカンパーニャで庭の花を眺めながらカプチーノを、というイメージです。直ぐに車移動したい時も、この袖丈とこの身頃のショート丈ならば、楽々ドライブです。



ミドル丈コートブルゾン

こちらのコートブルゾンは少し毛足の長いフランネルです。
デザインもヒップが隠れるくらいです。最強トレンド「馬」には、最高のデザインと自負しております。また、車内でも楽なように着用したまま座席に座り易いように、ヒップ周りにダーツがとってあります。これはデザインとしてもとても可愛いらしく、前面から見ても横面からみてもバランスの良い繭型シルエットを作っています。

2020 AW COLLECTION

PART23

2020コートコレクション

ネップツイードシングルコート
アルパカべルテットコート
アストラカン風ノーカラーコート
カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.295 はコメントを受け付けていません

「雑誌と私」Vol.286

2020 AW COLLECTION

PART15

マジョーレのニットを楽しんで頂こう。」

編集

カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.286 はコメントを受け付けていません

「雑誌と私」Vol.288

2020 AW COLLECTION

PART17

2020秋冬アイテム

カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.288 はコメントを受け付けていません

「雑誌と私」Vol.287


2020 AW COLLECTION

PART16

マジョーレのニットを楽しんで頂こう。」



みなさん、こんにちは。村松です。
今日は吉田さんのお客様からカムフラージュニットの着回しについて6つの質問がありました。それに対するQ&Aの動画となります。是非お楽しみください。

Q1)
ライトグレーのウールのマリンパンツを持っています。カムフラージュニットと合いますか?
A1)
はい、カムフラージュはグレー系との相性がとても良いです。この秋冬や、次の春夏でもグレー系は注目色です。積極的に取り入れたいです。ついでにトレンド色と言えばベージュも見逃せません。秋にベージュのアウターを積極的に取り入れるのも、カムフラージュとの相性&トレンド色を取り入れるという面でコーディネイトに組み入れたいテクニックです。








Q2)
フェイクレザーのスカートを持っています。カムフラージュニットと合いますか?
A2)
村松さんはビスコースニットのスカートでエレガントな雰囲気を作っています。フェイクレザーのスカートを合わせる時は、ボーイッシュなイメージを作ると上手くコーディネートできると思います。村松さんのポルタティチネーゼのスタイリングの雰囲気が参考になると思います。
Q3)
村松さんが着ているネイビーのサファリジャケットのカーキ色を持っています。カーキ色でも合いますか?
A3)
はい、ボトムの色で、調整します。グレー系、ブルー系、黒系であれば、とても簡単に合わせられると思います。







Q4)
村松さんが穿いているネイビーのパンツの代わりにデニムを合わせても良いですか。その時、インディゴブルーは濃いネイビーじゃなくても良いですか?
A4)
はい。洗ったインディゴの感じでは、よりアクティブにそしてカジュアルになると思います。

Q5)
村松さんはレザーのブルゾンを2スタイルで合わせていますが、私はコットンのブルゾンしか持っていません。同じようにコーディネートできますか?
A5)
はい、丸みのあるブルゾンを合わせると、とても素敵ですよ。


Q6)
イタリアでは、カムフラージュ柄を仕事場でも着ていますか?
A6)
はい。とても素敵に着ています。年齢も全く関係なく、大人女性が着るから逆に女性らしさが増す感じがします。エリザベッタもよく着ています。



カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.287 はコメントを受け付けていません

「雑誌と私」Vol.283

2020 AW COLLECTION

PART12

フルシーズンアイテム、春夏アイテムを使って秋のスタイルを着こなす

編集

カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.283 はコメントを受け付けていません