「雑誌と私」Vol.242





皆さんこんにちは吉田孔美です。
今日は 「こんな着方。あんな着方。」 の第二回目です。
アイテムはこの春の新作ビスコースのボーダーニットです。ネイビー、ベージュ、ブラックとの3色展開ですが、それぞれの色で着回しを考えてみました。




ネイビーのボーダーニット 


まずはスキニーデニムで超さっぱりとベースを作ります。ニットのビスコース素材が、少しの光沢と落ち感を伴い、単純なボーダーニットとデニムの合わせとは違った大人のイメージをつくってくれます。このベースの上から右写真のようにこの春のトレンドロング丈のナイロントレンチを羽織り、マジョーレが目指す「知っているようで知らなかった、やっぱりなんだかいいわよね。」と思わせてしまうイタリアの街で感じる感覚を表現します。



ネイビーのボーダーニット 


2つ目はネイビー×白のボーダーから一番イメージしやすいマリンの雰囲気を作ります。少しづつ日差しが強くなる海辺をイメージして、ショートのカーゴパンツを合わせます。
羽織りものには突然の冷たい風を防いでくれるコットンナイロンのパーカーを合わせます。ちなみにこのショートカーゴとパーカーコートは去年の春夏に展開したものです。





ネイビーのボーダーニット 


3つ目はこのニットにVol.241でも使用した、ハイウェストのフレアーパンツを合わせます。前回でもお伝えしましたが、このパンツは全体の雰囲気をとても大人っぽく、そして格好良いイメージにまとめてくれます。このベースの上からスウェードのハンティングブルゾンを合わせ、のかわいいマリンとはぐっとイメージの違った大人らしい格好良さが際立つマリンスタイルを作ります。




ベージュのボーダーニット 


ベージューのボーダーニットは色のミックスが淡いので、仕事場でも簡単に着られると思います。右写真のようにテイラードジャケットを合わせ、スポーティーな仕事でのスタイルを提案します。




ベージュのボーダーニット 


少し甘めの仕事場スタイルにはフェイクレザーのスカートを合わせてみては如何でしょうか。仕事場でのきっちり感を残すために、色は黒を選び、甘さを程よく調整します。このベースの上からこの春トレンドのダブルのジャケットコートを合わせます。90年代に大人気だったこのジャケットコートはこの春とても新鮮に感じます。




ベージュのボーダーニット 


仕事場スタイルではなく、カジュアルダウンをイメージしたスタイリングは、
より簡単に作れます。ベージュ系のカーゴパンツを合わせ、右写真のようにカーキ×ベージュを意識してワーク系のシャツブラウスやミリタリージャケットを合わせます。この時気を付けたいのが、足元。強くなり過ぎないよう、スニーカーやスリッポンを選びます。




黒のボーダーニット 


黒のボーダーニットと言えば、ロックなイメージ。ロックなイメージと言えば、レザー系アイテムとイメージが連鎖します。ここではそれに80年代のイメージを加えてスタイリングを作ります。左のベース写真は今シーズン最新のハイウェストのテーパードパンツを合わせたものです。その上から、レザーのライダーズを合わせれば、80年代ド真ん中のロックスタイルが作れます。もっと80年代のイメージをエッジを効かせて作りたいときは、とても丈の短いライダーズブルゾンを合わせると良いでしょう。
マジョーレではそれはちょっとやり過ぎと感じるので、右写真の丈感でマイルドにしています。




黒のボーダーニット 


ではレザーの羽織りものを使いましたが、ではボトムにレザーアイテムを使います。この時は左写真のようにパンツでもタイトなスカートでも良いですが、格好良さを前面に出したいので、ふんわりしたスカートはあえて合わせないほうが良いかと思います。Vol.241でも使用したこの春の新作ベースボールブルゾン(笠井さんはボンバーと呼んでいる)を合わせ、ここでも80年代を意識します。



今回は、ボーダーニットの基本中の基本的なコーディネートをずらっと並べました。これらのコーディネートからお客様の雰囲気に合わせ、少しずつアレンジを加えてみては如何でしょうか。いつものボーダーニットが新しいイメージで着られるようになると思います。
前回もお伝えしましたが、イタリアのスタッフや工場の人達が「皆様に勇気づけられている。」と言っています。心より皆様に感謝致します。

吉田孔美

カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.242 はコメントを受け付けていません

「雑誌と私」Vol.241




皆さんこんにちは吉田孔美です。
今日は新しいシリーズ「こんな着方。あんな着方。」をお届けいたします。
第1回目はこの春の新作、首元にシャーリングデザインをあしらったシフォンブラウスです。
DMにもコメントをさせて頂きましたが、このブラウスはカジュアル・スポーティ・エレガントとかなり着回しのきくブラウスです。今回は5パターン考えてみました。



(1)デニムを合わせる

このエレガントなブラウスにデニムを合わせ、ロックな雰囲気を作ります。去年の秋の「絶対ワードローブに加えたいライダーズブルゾン。このクオリティーなのにこの価格で!」をテーマに作ったライダーズブルゾンを合わせれば、右写真のようにレイヤードを楽しみながらすてきな大人のロックスタイルが完成します。



(2)フェイクレザースカートを合わせる

レザーの雰囲気なのに決してハードにならない、マジョーレの定番フェイクレザースカートもこのブラウスとは相性が抜群です。このスカートは(1)のデニムスタイルとは違い、少し甘めのイメージをレザーアイテムで作りたいときに役立ちます。右写真のように光沢のあるナイロンコートを合わせれば、シフォンの光沢、フェイクレザーの光沢と調和しながら大人っぽいでもかわいらしいスタイルが完成します。



(3)ハイウェストのフレアーパンツを合わせる

2年前に、マジョーレのボトムシリーズに初登場したフレアーパンツもすっかり定番顔になってきました。そしてこのパンツもこのブラウスと一緒にかっこいい系のスタイルを作ります。羽織りものとしてトレンチコートもいいですが、やはりここはマジョーレらしくかっこいいイタリア女性を目指します。私が選んだのはこの春の新作、ベイスボールブルゾンです。(笠井さんはボンバーとよんでいる。)右写真のように高い位置で丸みを作り、腰位置から太身のストレート感を表現します。何気なく80年代のフォルムを取り入れたトレンドを意識したスタイルです。



(4)カーゴパンツを合わせる

去年杉本学校で大活躍したカーゴパンツを合わせます。ブラウスの裾はパンツの外に出し、カーゴパンツのラフ感を全体で表現します。この上から右写真のようにこの春新作のパワージャケットを合わせれば、90年代をイメージした、そしてとても衝撃的だったあの〇ッ〇のランウェイを思い出します。



(5)ニットスカートを合わせる

最後に台形のニットスカートを合わせ、70年代っぽいボントンスタイルを作ります。去年の春、Vニットとスーツになるように作られたスカートです。素材がビスコースなので、ブラウスの光沢感ととてもよく馴染みます。羽織りものには80年代っぽいたっぷりしたまゆ型のパーカを合わせます。(これも去年の春にマジョーレコレクションに加わったものです。)ここでは(2)のかわいらしさとは違ったスポーティーなかわいらしさが完成します。


イタリアのスタッフ達と物作りをするとき、いかに過去のアイテムと調和がとれるかを気にしながら色や素材を選びます。一瞬だけ楽しめるアイテムではなく、新作と交わりながら新しいイメージをつくることが出来るよう設計されています。これもマジョーレらしさなのだと実感します。
この春、新しいシリーズ「こんな着方あんな着方。」で皆様のお役に立ちたいと思っております。

吉田孔美


追記
3月も多くのお客様にご来店頂き、とても感謝しております。イタリアのスタッフや工場の人たちに「日本の女性たちに喜んで頂いていますよ。」と時折メールをしますが、このメールに皆、とても元気づけられると返答があります。改めて皆様に感謝致します。
ラ フォンタナ マジョーレスタッフ一同








カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.241 はコメントを受け付けていません

「雑誌と私」VOI.240





こんにちは、吉田孔美です。VOL.239のフォローblogとしてこのページを作りました。VOL.239と一緒にご覧頂きたく思います。






(1)シフォンブラウス

シフォン素材がトレンドとなり数シーズン経ちますが、この春はより多くのメゾンが提案しているように感じます。マジョーレも3型のシフォンブラウスを準備しました。シフォンブラウスというとエレガントなイメージが強いですが、カジュアルでスポーティに着こなすのが、マジョーレ流です。VOL.239ではジョッパーズのウエストの中にブラウスの裾を入れ、より強く乗馬スタイルをイメージしましたが、オフィスなどではブラウスの裾をすべてウエストから出し、写真のようによりカジュアルに仕上げてみても素敵だと思います。この上からレザーのジレなどを合わせてみても素敵ですね。(レザーのジレは次の秋に展開予定です。)




(2)ナッパライダース

強さと柔らかさをレザーブルゾンで区分するなら、ナッパとスエードの区分でコーディネートするのが一番わかりやすいと思います。(VOL.239でも同様の内容を書きました。)
エプロンスカートのような甘味の強いスカートもナッパライダースでコーディネートすれば強さと迫力のあるスカートに写真のように早変わりします。




(3)トレンチコート

毎シーズン登場するトレンチコートですが、多くのメゾンが注目のトレンドアイテムとしてあえてトレンチコートを打ち出しています。マジョーレもナイロン素材・コットン素材そして、ロング丈・ミディアム丈とバリエーションを増やしました。左写真の様にエレガントな雰囲気で、そして右写真のように甘くかわいく、素材と丈感、そして色合いを吟味しながら、この春のトレンチコートを楽しんでみては如何でしょうか。


トレンドアイテムとしてパワースーツと呼ばれる構築的なジャケットとパンツの組み合わせや、シャツ感覚で着られるボンバーやサファリニュアンスのブルゾン、そして素材感や編地にこだわったニットなど、今までのマジョーレコレクションと絡めながら新しいスタイルを作ることが可能なアイテムを多く揃えています。次回もこれらのアイテムを使いながらマジョーレらしいでも新鮮なこの春のコーディネートをお伝えします。

吉田孔美








カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」VOI.240 はコメントを受け付けていません

「雑誌と私」Vol.239




こんにちは。吉田孔美です。今回はDMでご紹介できなかった新作のスウェードブルゾンが入荷しましたので、ご紹介致します。秋冬に「絶対にワードロープに加えたいライダースブルゾン。 このクオリティなのにこの価格で! 」というテーマで ナッパ 素材のものを作りました。そして、とてもご好評を頂き有難うございました。この春夏は、その第二弾でスエード素材のハンティングブルゾンです。
今回もマジョーレのレザーアイテムを20年以上作り続ける工場(イタリアやフランスの名だたるメゾンのアイテムを作っているトップクラスの工場です。)のオーナーにお願いして、秋冬と同じテーマでスエードブルゾンを作りました。3月18日から20日に店頭に並ぶ予定ですので、是非ご覧いただけましたら、とても嬉しいです。
それではDMに載っているアイテムとコーディネートしてみます。




1、街中で乗馬スタイル

シフォンのブラウスにジョッパーズを合わせ、乗馬ブーツを合わせれば完璧な乗馬スタイルです。そしてその上からスエードブルゾンを羽織れば田園風景が広がる乗馬クラブがイメージできます。街中ではこの乗馬クラブをイメージしながら、春らしく素足にローファーを合わせます。トレンドに乗馬スタイルが、INした今、真っ先に取り入れたいスタイリングです。



2、エプロンスカートを合わせて田園スタイル

シフォンのブラウスはそのままジョッパーズをエプロンスカートに変え、カントリーなイメージを作ります。その上からスウェードブルゾンを羽織り、まるでぶどう畑を散歩するかのようなスタイリングをつくります。



3、シフォンのワンピースを合わせ60’sスタイル

後方部にプリーツをあしらった60’s年代ライクなワンピースにスウェードブルゾンを合わせます。(写真左)エレガントなワンピースにスポーティーな雰囲気を加え、田園風景の中で午後のカフェをゆっくり楽しむ様な雰囲気を作ります。
少しシャープ感が欲しい時は、秋冬に展開したナッパのライダーズを合わせてみては如何でしょうか。(写真右) スウェードとナッパでカントリーとタウンといったイメージが簡単に区分けできます。


4、ボントンワンピースでカントリースタイル

女の子が着るようなとても甘い雰囲気のワンピースにもこのスウェードブルゾンは馴染みます。3番のコーディネートとはうって変わり、ブリティッシュなカントリースタイルを作ります。



このスウェードブルゾンは写真のロイヤルブルーとこげ茶の2色展開です。

私たちの製品を作っているイタリアのいくつかの工場から、
日本の皆様が、私たちが作ったものを美しく着て頂いていることがとても励みになります。とメッセージが届きました。
私からも厚く御礼申し上げます。

吉田孔美

カテゴリー: 「雑誌と私」 | 「雑誌と私」Vol.239 はコメントを受け付けていません

「雑誌と私」Vol.190

 
 
 
 
 
前回の出張でMASHAと撮影する予定だったマジョーレのコートコレクション。
彼女がインフルエンザにかかり撮れませんでした。
DMより遅くなってしまいましたが、ようやく撮影ができましたので、
ご紹介させて頂きます。
 
 
 
 
 
———————————————————————————————-
 
 
 
 
(A) 

 

 
 
 
 
 
新しい形のBOXピーコートは少しだけボリュームを感を感じることができます。でも、マジョーレらしい細身のデニムと相性は抜群です。インナーにはオリジナルのアランセーターを合わせています。

 
 
 
(B) 
 
 

 
 
 
 
 
 
ピーコートもも丈のマリンコートも新しいボリューム感で作られました。きちんとした肩の、でも少しマユ型になったパターンは、ご覧の通りとてもイタリアっぽですね。
 
 
 
 
(C) 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
ピーコートの下に着ていたタートルのたっぷりセーターに、マーシャらしくゴールドが少し散りばめられた黒のモカシンと、黒の細身パンツを合わせています。5ゲージダブルフェイスで編まれた大きなストールは、冷たい冬を楽しくスポーティにスタイリング出来る必須アイテムとなります。こんなスタイルでお部屋でくつろぐマーシャが想像できます。

 
 
 
(D) 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
ミドルゲージのリブニットを太みパンツに合わせています。ラウンドネックがくるぶしパンツ丈にバランスを与えています。このベースのバランスさえできれば、様々なアウターが羽織れますが、次の写真のようにタイト感のある別珍のフィッシャーマン系のコートは70年代のスタイリングをイメージさせ、とても素敵ですね。実はこのグリーン色は、マーシャのお母様が若いころ着ていたトレンチコートの色を参考にしています。イタリア、ミラノという感じですね。
 
 
(E) 

 
 
 
 
 
 
 
先ほどのコーディネイト(C)で使った大判のストールを合わせています。この大判のストールを様々なコートの上に合わせれば、極寒のクリスマスのショッピングも楽しくできます。 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
今年も一年ラフォンタナマジョーレを応援してくださり有難うございました。

年末営業は丸の内店は12月31日19時まで、名古屋店は12月27日20時までとなります。
年始は両店ともに1月2日より営業いたします。
丸の内店は10時より、名古屋店は11時よりスタート致します。
今年も丸の内商店会のセールに参加することとなっておりますので、是非ご来店ください。

 
 
 
 
 
                                   吉田孔美
 
 
 
                                           

 
 
 
 

カテゴリー: 「雑誌と私」 | タグ: | 「雑誌と私」Vol.190 はコメントを受け付けていません